かったんの備忘録

国内・海外の旅行の日記や、PC・カメラ関係の使用後レビューなどをまとめていくつもり。

HuaHin カオ・サムローイ・ヨート国立公園 2泊3日 Day2【プラヤー・ナコーン洞窟】

スポンサーリンク

本日のメインイベント

カオ・サムローイ・ヨート国立公園に行くこと。

「300の峰が連なる山」という意味。フアヒン市内から南へ約60km。石灰岩でできた山々からなる広さ98平方kmの国立公園。フアヒンからタクシーで行くなら往復2500Bが目安と地球の歩き方に書いてあります。

 

朝、4時ぐらいに目を覚まし、天気予報を見たら『雨』。

 

晴れていれば最高なんですが、朝の天気は曇りで時々小雨。山の天気はもっと曇っているに違いない。激萎えで眠気は覚めて8時ぐらいに出発。

 

 

プラヤー・ナコーン洞窟(ถ้ำพระยานคร)

天井の抜けた洞窟の中に「ラーマ5世の来訪堂」があり、陽の光で美しく輝くという神秘的な光景が見れる場所です。

字で書くと、「あぁ、そうですか。」となるが、実際に行って、山を登りその努力とスケールの大きさを感じると、来た甲斐があったと思うものです。

 

f:id:kattanmemo:20161207221643j:plain

牛が散歩してます。レンタカーで来る場合は気をつけてくださいね。

 

f:id:kattanmemo:20161207221756j:plain

タイの漁船は、すごくビビッドで映える。が、空は曇天で洞窟に行って綺麗なのか心配。

 

f:id:kattanmemo:20161207221803j:plain

石灰岩の山。

 

f:id:kattanmemo:20161207221809j:plain

洞窟へ続く道の入り口はBang Po Beachにあります。ココの駐車場に入るために20バーツ。

 

 

f:id:kattanmemo:20161207221834j:plain

人懐っこい猫。

 

f:id:kattanmemo:20161207221858j:plain

まずはひと山越えます。国立公園の共通券が200Bです。こちらで買えば、この後どこか入る時払う必要はありません。

 

f:id:kattanmemo:20161207221904j:plain

ボートで海から行く方法もありますが、この日は大荒れで強制的に登山です。

 

f:id:kattanmemo:20161207221915j:plain

サボテンがあちこちに自生しています。気をつけてくださいね。

 

f:id:kattanmemo:20161207221935j:plain

転がってる岩石に梯子を掛けただけの場所もあります。ですが、時々見える海と風が疲れを飛ばしてくれます。

 

f:id:kattanmemo:20161207223909j:plain

ビーチに出ました。

 

f:id:kattanmemo:20161207221944j:plain

プラヤー・ナコーンは左方向です。

 

f:id:kattanmemo:20161207222005j:plain

本当ですよね?信じて良いんですよね?誰かが取って付け替えたわけじゃないですよね?

 

f:id:kattanmemo:20161207222014j:plain

レストランもあります。水分補給をしたり、休憩しても良いでしょうが、自分たちは先を急ぎます。

 

f:id:kattanmemo:20161207222025j:plain

また登山です。欧米人のお年寄りがたくさん登っていて、ビール腹や肥満の体型ですごいなぁと思いました。

 

f:id:kattanmemo:20161207222031j:plain

傾斜が急というより、この長さを登らなければならいのが滅入ります。段差は一段一歩普通に登れます。下りも急過ぎて怖い所はありませんでした。

 

f:id:kattanmemo:20161207222037j:plain

突然、岩肌がそびえ立ちます。その異様さと壮大さは、映画のワンシーンのよう。

もう、すぐです。

 

f:id:kattanmemo:20161207222045j:plain

こちらが、プラヤー・ナコーン洞窟。

時刻は11:30。10時半から丁度1時間で来ました。

 

f:id:kattanmemo:20161207222112j:plain

一番美しく見えるのは10時半から11時半。日の出や暦は関係あるのか分かりませんが、「12月の曇り空での11時半でも上の写真が撮れる」ということをこちらにお知らせ致します。

 

f:id:kattanmemo:20161207222123j:plain

後ろの木が、庭師によって剪定されたように良い感じ。でも、全て自然のまま。

 

f:id:kattanmemo:20161207222128j:plain

この広い洞窟にポツンと王宮があり、光が降り注ぐ。

 

f:id:kattanmemo:20161207222132j:plain

1000年以上水滴が滴って、地面と天井が繋がった鍾乳石。

 

f:id:kattanmemo:20161207222138j:plain

隣では新たな1000年が始まっています。

 

f:id:kattanmemo:20161207222144j:plain

1890年6月20日、キングラーマ5世が書いたモノグラム。

 

f:id:kattanmemo:20161207222201j:plain

1926年6月20日、キングラーマ7世が書いたモノグラム。

 

f:id:kattanmemo:20161207222210j:plain

崩御されたプミポン国王は1958年6月22日と1981年5月31日の2回訪れています。

 

f:id:kattanmemo:20161207222216j:plain

f:id:kattanmemo:20161207222226j:plain

観光客はほとんど、見て数分で帰ってました。僕たちは1時間以上ここにいました。地形がやはりおもしろいですね。

 

曇りでもタイ人の観光客や、欧米人がたくさんでした。日本人には一人も会いませんでした。まぁ時期やアクセスを考えると、いませんかねぇ。

フアヒンから車でちょっと行くだけです。ぜひ、行って自然と歴史を感じてみてください。

 

 

kattanmemo.hatenablog.com