読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かったんの備忘録

国内・海外の旅行の日記や、PC・カメラ関係の使用後レビューなどをまとめていくつもり。

リペ島での過ごし方①

タイ リペ島 海外

スポンサードリンク

f:id:kattanmemo:20161026234138j:plain

今回、2泊3日のリペ島滞在記

以前はバンコクからリペ島までの行き方を紹介しました。 

kattanmemo.hatenablog.com

 

今回はリペ島での過ごし方を。

 

リペ島には東側の「サンライズビーチ」、南側の「パタヤビーチ」、西側の「サンセットビーチ」と呼ばれるビーチがあります。ボートでタイのおっちゃんに「パタヤビーチの◯◯」ってホテルの名前を伝えると分かってもらいやすい。

そして、私が泊まったのはサンライズビーチにある「KAIXO LIPE(カイソーリペ)」というバンガロー。

1階部分が玄関、シャワー・トイレ、2階部分が寝室となっています。

f:id:kattanmemo:20161026234819j:plain

 

www.agoda.com

上記のagodaのサイトで予約しました。

カタカナは「ケイクソライプ」と書いてあるが、これは「カイソー」って言って通じました。

一泊で7,170円。まぁまぁの値段なのかなぁ

行ったのは3月。シーズンとしては良く、タイが非常に暑い時期です。

 

リペ島のシーズンは10月から5月です!それ以外は台風の影響で海が荒れるそうです!!(タイ人が言ってました)

 

 

このバンガローの良い点

f:id:kattanmemo:20161027004756j:plain

・受付のおばちゃんはとてもフレンドリーです。野良猫もフレンドリーです。

 

f:id:kattanmemo:20161027004904j:plain

・それぞれのバンガローは国の名前が振られていて、おもしろい。内装もそれぞれ少しずつ違うのかも。

 

f:id:kattanmemo:20161027005040j:plain

JAPANはたぶん家族連れのための大きいバンガローになっていて、agodaのサイトにある写真はほとんどJAPANの写真。参考にして下さい。

 

f:id:kattanmemo:20161027005309j:plain

これはバンガローの共有スペース。目の前はコバルトブルーの海。英語の本や昼寝のできる所、ハンモックなどがあって、

「あぁ欧米人のバケーションっていうのはこういう過ごし方をするのか」

とよく分かる。

 

 

このバンガローの悪い点

f:id:kattanmemo:20161027005519j:plain

・蚊が多い。

バンガローに入ったら4匹ほど蚊がいて、萎えました。寝る時は蚊帳の中に入って寝る形になってますが、気を使います。ベランダも薄暗くて、蚊が多くて、昼寝する気にはなれません。

 

f:id:kattanmemo:20161027005739j:plain

・シャワーの水がとても少量。

泡がずっと髪に残っている感じぐらいの水量。一応ぬるい水が出てきました。

 

・エアコンが無い

扇風機はありますが、蚊帳が風を止めて意味がない。

 

 

f:id:kattanmemo:20161027010112j:plain

総じて、自分はもう泊まらないかなぁと思ってます。

 

 

↓↓次の記事

 

kattanmemo.hatenablog.com