かったんの備忘録

国内・海外の旅行の日記や、PC・カメラ関係のレビューなどをつづるブログ

京都へ行くなら『京都鉄道博物館』!

スポンサーリンク

f:id:kattanmemo:20180830112609j:plain

京都へ行く用事があり、翌日が1日休日でしたので、どこか観光に行こうと決めました。

やはり神社や嵐山に行こうかなと思っておりましたが、昨年京都に行った際に「京都鉄道博物館」が京都駅から近いにも関わらず知らなかったショックを思い出し、即決で行ってみました。

あ、もちろん鉄道は大好きです。知識はあまりありません。常時テンション上がってます。

 

f:id:kattanmemo:20180830112618j:plain

チケットを買うとまず目に入るのはSL

 

f:id:kattanmemo:20180830112628j:plain

むかーしの中国地方の列車?だったり

 

f:id:kattanmemo:20180830112638j:plain

乗ってみたかったトワイライトエクスプレス!乗ろう乗ろうと思って引退しちゃいました。九州から乗りに行く機会って微妙なんですよねぇ。

 

いよいよ入館です!

 

f:id:kattanmemo:20180830112645j:plain

写真でしか見たことなかった列車。古すぎるが故に新鮮。

 

f:id:kattanmemo:20180830112653j:plain

列車もすごいがこちらにも感動しました!歴代ブルートレインのヘッドマーク!

まだ幼稚園か小学生の小さい頃に乗ったなぁと懐かしさが蘇りました。

 

f:id:kattanmemo:20180830112702j:plain

ブルートレインの機関車。このタイプは初めて見ます。九州は四角で赤色の電気機関車でしたので。

 

f:id:kattanmemo:20180830112711j:plain

この機関車ですが、下に通路があり下側を見ることができます。なんかエロい感じです。

 

f:id:kattanmemo:20180830112720j:plain

昔の改札と

 

f:id:kattanmemo:20180830112728j:plain

現代の改札が横並び

 

f:id:kattanmemo:20180830112736j:plain

お手洗いのサイン表示が乗務員室のような。

 

f:id:kattanmemo:20180830112744j:plain

2階の司令室コーナー

小さい子供が並んで座っていて、「日本の鉄道は子供によってコントロールされている」みたいになっておもしろかったです。

 

f:id:kattanmemo:20180830112755j:plain

3階まで上がってきました。ここからは館内全体を見下ろすことができます。昔の電車も最近の電車も同時に俯瞰できます。

 

f:id:kattanmemo:20180830112806j:plain

また、屋上に出ることができまして、目の前には車両基地と真ん中に在来線、奥に新幹線が走る素晴らしい景色を一望できました。タイミングが合えば全てを一枚に収める事ができるんでしょう。

 

f:id:kattanmemo:20180830112816j:plain

機関車格納庫も見れます。

 

f:id:kattanmemo:20180830112826j:plain

博物館の中で引退車やレプリカを見るだけではなく、実際に回転台と扇形庫とそこに並ぶSLを見ることができるって、

博物館に行って泳いでるシーラカンスを見ているかのようなコンテンツですよね!

九州鉄道記念館との違いはココです。

 

今回、ジオラマを見損ねました。上映時間が決まってるものに時間どおりに行くって難しいです。

ただ、神社などに行くよりこっちに行って正解だったと思います。外国人でごった返しているわけでもなく、空冷も効いていますし、お子様はお子様の遊び方してるし、大人は大人の見たいところ見て博物館内で棲み分けができてるって感じでした。

 

お土産に「石炭あられ」って売ってあって、真っ黒でチョコレート味なのかななんて思っていたら通りすがりの女性が、

「醤油味で美味しいですよ!息子は一度に全部食べてしまいました。そうしたら便が黒くなりました!」

と必要もない情報まで教えてくださいました。

 

買って帰りました。